【FX月誌報告】様子見に徹し、トレードなしで終了![2019年11月]

巷では「若いうちはリスクを負え」とよく言われますが、リスクを負うなんてお断りだと決めています。ども、たっきん(Twitter)です!

ドル円、やっぱり上昇してきましたね。

押し目買いのチャンスをうかがっていましたが、結局のところエントリーしませんでした。

その理由はMACDチャートでダイバージェンスが発生していたからです。

ダイバージェンスが発生している以上、トレンドが転換するリスクがあったため、様子見としていました。

しかし、結果的にドル円は上昇してしまい、押し目買いのチャンスを逃す結果となってしまいました。

「勿体ない!」って思っている方もいるかもしれませんが、僕は正直勿体ないとは思ってないです。

FXをやる時間はまだまだこれから沢山あるわけだし、それだけリスクの低いチャンスも沢山あるということ。

だったらここで無理してエントリーする必要なんてなく、勝ちやすいパターンが来るまで首を長くして待っていればいいんです(^^)

さて、気づけばもう11月も終わりで今年も残り1ヶ月となりました。

12月は米国企業が決算でドル買い需要がるため、円安ドル高になりやすいアノマリーがあります。

通算損益も+¥5,0000まであと少しですし、12月の損益もなんとかプラスで終えられたらいいですね!

※このチャレンジの詳細は以下を記事を見てね!

人はFXだけでMacBookを買うためのお金を稼げるのか、やってみることにした。 こんにちは、たっきん(Twitter)です! 今...

※投資は自己責任です。本ブログを参考にして損失が発生しましても私の責任は一切ございませんのでご了承ください。

Sponsored Link

今月のトレード結果

・含み損益:0円

・確定損益:0円

通算確定損益:+42,783円

<新規・約定履歴> 

※今月のトレードなし

※過去分を含め、約定履歴の詳細はこちらのgoogleスプレッドシートにまとめています。

今月の振り返り

ドル円は先月に引き続き継続上昇、ユーロ円、ユーロドルは相変わらず方向性の見えない動きとなりました。

冒頭でも書きましたがドル円は上昇していますが、MACDでダイバージェンスが発生しました。

ダイバージェンスについては、下の「USD/JPYチャート」で詳しく説明しますが、トレンド転換のリスクがあったため、見送りました。

その結果、今月のトレードはなしとなりましたが、確定損益がマイナスにならなかっただけ良しとしましょう!

<USD/JPY チャート>

今月のドル円チャートは先月に引き続き上昇トレンド継続となりました。

しかし、MACDを確認するとダイバージェンスが発生しています。

ダイバージェンスは「逆行現象」を意味しており、例えば上のチャートのように為替は上昇しているのに、MACDなどのテクニカル指標では下落した状態のことをいいます。

ダイバージェンスが発生するとトレンド転換を示すシグナルとして機能すると考えられていますが、だましも多いため過信しすぎるのは危険です。

ドル円は上昇こそはしていますが、現時点でダイバージェンスはまだ解消されていません。

僕はリスクを負うトレードをしたくないので、ダイバージェンスが解消されるまではドル円の買いでのエントリーは見送る方針でいきます。

<EUR/JPY チャート>

先月に引き続き方向性が見えないチャートとなっています。

今の状態だとエントリーする理由もないので引き続き様子見していく予定です。

ただし、121.0円に上値抵抗線があるため、このラインは意識しておいてょうが良さそうです。

<EUR/USD チャート>

こちらも先月に引き続き方向性が見えないチャートとなっています。

ユーロ円同様に様子見ですかねw

目標金額

目標金額まであと・・・226,151 円

Sponsored Link