【完全自作自動売買】シストレ運用結果を公開![2023年11月]

 ※ 本記事は広告・プロモーションを含みます。
シストレ運用

たっきん(Twitter)です!

ちょっと遅くなってしまいましたが、11月分の完全自作のシストレ「NaMaKe Trader」の集計が完了したので運用結果を公開していきます。

11月も先月と同じく下記の8パターンで運用しました。

コードはGitHubで公開しています!

僕が自作したシステムトレード「NaMaKe Trader(ナマケ・トレーダー)」のソースコードはGitHubで公開しています。
アプリケーション部分のコードを作成するだけで、誰でも無償でシステムトレードを行うことができるように構築しました。
これであなたも怠けていても稼げるトレーダーになれるかもしれませんよ?

APIはOANDAを使用しています。
プログラムを実行するにはOANDAの口座開設とAPIの設定が必要になります。

→ OANDA証券のページへ
OANDA Japan MT4

11月の運用結果

11月の運用結果ですが下記のようになりました。

結果は11,791円の利確となりました。

負けはしませんでしたが、それでも微妙な利確ですねw

しかも、10月からパラメータを3つ除外したこともあってトレード回数も以前に比べ減ってしまった感じがします。

基本的に僕のシステムトレードは試行回数を増やして、その合計損益額で資産を増やしていく戦略のため、試行回数が減ってしまうのはあまり得策ではありません。

よってパラメータの見直しを行いました。

見直し結果は本記事最後で紹介しますね!

これまでの実現損益推移

今日に至るまでの実現損益推移になります。

合計損益は-9,213円と多少損失が少なくなりましたが、まだまだ負け越しています。

以下、シミュレーション実トレードの累積損益推移になります。

パラメータ見直します!

これまで説明してきた通り、現状のパラメータでの運用には限界がきていると思いますので、パラメータを全て見直しました。

その結果、下記のパラメータがバックテストで良好な結果となったため、今月から下記パラメータで運用していこうと思います。

今までは通貨ペア「USD/JPY」「EUR/JPY」「EUR/USD」の3種類でしたが、今回からAUDCADなどの通貨ペアも取り入れていきます。

パラメータ数も8→22とかなり増やしましたので試行回数は十分でしょう!

あとはトライあるのみですね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました