【米国株・資産運用】運用状況報告 2018年11月

みなさん、こんにちは!

たっきん(Twitter)です!(^^)

気づけばもう11月!

今年も残り2か月となりました。

先月は世界同時株安もありましたが、そんなことはお構いなしに今月もリバランスしていきましょう!

バフェット太郎さん曰く、”ルールに従って買い増ししていく”のが米国株資産運用の方針ですからね♪(^^)v

さっそく11月のリバランスを行っていきましょう♪

※僕の米国株資産運用の方針については以下の記事にまとめてあります。

Sponsored Link

ポートフォリオの配分比率チェック

現在のポートフォリオの配分比率はこのようになってます。

組み入れ比率最低銘柄は、6.7%IBMとなってます。

ちなみに損益グラフはというと、

IBMの株価が先月に比べ、大幅下落しています。

ハイテク銘柄であるIBMは世界同時株安の影響をモロに受けた感じですね。

しかし、ディフェンシブ銘柄である「ジョンソン&ジョンソン」、「コカ・コーラ」、「アルトリア」、「ウォルマート」、「フィリップモリス」、「ベライゾン コミュニケーションズ」はほとんど下落しませんでした。

おかげで合計値はプラスを維持したままです。

では、IBM株を買い増すとしましょうか!

リバランス後の配分比率

今月の配当金は82.70ドルでした。

今回の買い増し額ですが、

配当金:82.70ドル + 積立金:1,241.80ドル = 1,324.50ドル

この金額で実際に買い増しを行った結果、以下のようにリバランスされました。

次の買い増しは12月です。

12月の初週にまた運用状況報告しますね♪

Sponsored Link