【米国株】新年初の買い増しはウォルマート(WMT)でした![2021年1月]

新年明けましておめでとうございます! たっきん(Twitter)です!

今年も月1ペースで米国株・資産運用ブログを更新していこうと思いますので、よろしくお願いします。

さっそくですが新年早々、米国株の買い増しをしましたので現在の僕のポートフォリオと買い増し銘柄を公開していこうと思います。

その前に恒例の米国雇用統計の結果から確認していきましょう。

12月の雇用統計は以下のような結果となりました。

非農業部門雇用者数[万人]失業率[%]
前回24.56.7
予想5.06.8
結果-14.56.7

失業率は先月と同じでしたね。

一方で非農業部門雇用者数は市場予想を下回って14.5万人減でした。

ここまで失業率はコンスタントに下がっていましたが、最近は停滞気味になってきましたね。

今後の動向に注目したいところです。

では次はお待ちかねのポートフォリオの損益状況から確認していきましょう!

合計含み損益は+$4,124となり、4000ドル台を突破してきました。

エネルギー系銘柄のエクソンモービル(XOM)が大きく回復してきたことが含み益の底上げに貢献してくれたようです。

しかし、-$2,090と僕のポートフォリオの中では一番足を引っ張っている銘柄となっているため、今後の更なる回復に期待したいですね!

では、今月の買い増し銘柄の選定をしていきましょう!

Sponsored Link

ポートフォリオの配分比率チェック

現在のポートフォリオの配分比率はこのようになってます。

今月の組み入れ比率最低銘柄は9.0%でウォルマート(WMT)とジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の2銘柄が並んでいますが、評価額だとわずかにウォルマートのほうが安値でしたので、今月はウォルマート(WMT)株を買い増ししたいと思います。

ウォルマート(WMT)株を買い増すのは久々だなぁ~と思って最後に買い増した日を調べてみたらなんと2019年4月でしたので実に21ヵ月ぶりの買い増しになります。

ウォルマートの株価は僕のポートフォリオの中でダントツで伸びてますので、なかなか組み入れ比率最低銘柄にならなかったわけですね!

そんな株価が好調なウォルマートですが、配当も堅調に増配しており、現在$0.540、利回りは1.47%となっています。

では、ウォルマート株を買い増ししてリバランスしていきましょう!

リバランス後の配分比率

今月の配当金は303.06ドルでした。

ただし、先月は諸事情で買い増しを行わなかったため、先月分の配当金86.82ドルと合わせて389.88ドルを今月の配当金として買い増しを行っていきます。

配当金:389.88ドル積立金:969.18ドル = 1,359.06ドル

この金額で実際に買い増しを行った結果、以下のようにリバランスされました。

1ヵ月で貰える配当金が300ドルを超える月も出てきました!

ポートフォリオが順調に成長してきている証拠ですね!(^^)

次の報告は2月初旬を予定していますので、よかったらまた覗きに来てくださいね♪

それではまた。

Sponsored Link

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。